頭痛がおきた時の症状とは

頭痛持ちの私の頭痛の原因と症状です。その時の頭痛の種類によって、対処をしたり薬を飲んでします。

頭痛がおきた時の症状とは

私の頭痛の症状のおはなし

頭痛がおきた時の症状とは
私は頭痛持ちです。その時の頭痛の原因によって、症状が違う時があります。台風などの低気圧が来ると、頭が痛くなります。頭が重くなり、鼻がつまりやすくなります。台風が去り晴天になると、嘘のように鼻が通り頭痛もなくなります。暑い日に階段を昇ったり、少し走ったりと体を使うと、頭が痛くなります。この時はこめかみ付近が痛くなり、ガンガン割れるような痛みです。冷たい炭酸を飲んだり、涼しい部屋で休んでいると、痛みが和らいできます。目が疲れた時も頭が痛くなります。朝起きてすぐにメガネをかけ字を読んだり、長い間パソコンに向かっていると目の奥からジンジンと頭の方へ痛みが走ります。肩こりが酷い時も頭痛になります。肩から首筋、腕にかけて張りが強くなり、頭が重い状態になります。温かいお風呂で温めたり、マッサージをしたりしますが、肩こりが治らないと、薬を飲んでもまた復活してきます。肩こりからくる頭痛は、私の頭痛の中で一番やっかいです。
考えられる頭痛は数種類ありますが、だいたい頭痛薬を飲むことで解決します。ガンガン割れるような強さになってからでは、薬は効きづらいですが、痛くなりそうな予感がしている時に、早めに頭痛薬を飲むと、効果はてきめんです。頭痛薬は、痛みが酷くなる前、早めに飲むようにしています。私の場合、頭痛が酷くなると吐き気がしたりめまいがしますので、なるべく原因を作らないようにして、それ以上ひどくならないようにします。お薬を利用して、頭痛を上手く付き合うしかないのです。

オススメワード

Copyright (C)2017頭痛がおきた時の症状とは.All rights reserved.