頭痛がおきた時の症状とは

わたしの頭痛の症状のパターンの多くは夕方16時以降にはじまって2時間後には吐き気がしてくることが多いこと。

頭痛がおきた時の症状とは

わたしの頭痛の症状はこんなパターンが多いです。

頭痛がおきた時の症状とは
誰もが経験する症状の1つに頭痛というのがあります。その頭痛でありますが、わたしもその症状を経験しているのでありますが、それは一度はじまりますとかなりキツイものがありまして、頭痛薬を服用したとしてもなかなかすぐに解決してくれなくて症状が治まるまで終始頭痛に対してふざけんな!!と罵倒をしながらイラついているのであります。そんななかなか治まってくれないその頭痛でありますが、近年その症状はわたしにとりましてはあるパターンで発生することが多くなることに気が付いたのであります。
そんなわたしにとりましてあるパターンで発生することが多いと思われる頭痛という症状でありますが、そのパターンは平日など長時間オモテに出かけているとき、そして16時以降に発生する可能性が大きいということであります。その16時以降は2つのパターンがあって1つは冬場の薄暗い夕方であること、1つは真夏のクソ暑いシーズンであるということであります。そして一度発生して来るとだんだんその症状が大きくなりまして2時間後には吐き気をしそうなくらい深刻な事態になりまして一刻でもはやく帰りたいと1秒が長く感じてしまうのであります。そしてなんとか自宅に帰還するのですが食事を受け付けないくらい深刻でとりあえず薬を飲んで冷暖房のあるベッドのある静かな部屋で横になってひたすらおさまるのを待つしかないのです。そしていったん小康状態になりますとなんとか起き上がって食事をして風呂に入ってそれから寝るのです。そんな状態で過ごしている頭痛という症状でありますが、解決をさせるために有効な手段としては真夏の場合は熱中症と思われるので医薬品のある疲労回復剤を飲むと10分ほどで効果が出てくるのでそれで食事して風呂に入る、薄暗いときなどはメガネをはずせるときははずす、そして極力電気のある明るい場所に移動して過ごすというのが有効な解決方法であることに気が付いたのでありました。

オススメワード

Copyright (C)2017頭痛がおきた時の症状とは.All rights reserved.